掛川市 親の見守りITで、の取り組み開始

 掛川市は、認知症による徘徊(はいかい)などで行方不明になったお年寄りを早期に見つけるため、衣服や持ち物に貼る登録番号シールと、不明者情報のメール配信を組み合わせたシステムを導入した。これまで行方不明を知らせる情報は同報無線だけだったが、心配する家族にいち早く知らせて、事故の未然防止にもつなげる取り組みだ。


掛川市の同胞無線や、静岡県掛川市 メールマガジンでしばしば行方不明者のアナウンスを見聞きします。

そのあと「発見されました」「保護されました」でなく、「無事保護されました」とアナウンスされて「よかったな」と思うことしばしば。

このシステム導入で、「無事保護されました」のアナウンスが増えるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です